Pocket

2017年1月から、花とゆめコミックスから発売されている木内たつや先生原作の「男水。」がドラマ化、そして同時に舞台化もされます。
キャスティングも非常に人気の若手俳優さんをメインに起用しているので、若手俳優ファンにはたまらないドラマになるでしょう。
今回は、登場人物キャストの紹介やあらすじ、舞台化に関する情報などをまとめてみました。イケメンが水泳に励む姿は、女性にはたまらないドラマになるのではないでしょうか。?


 スポンサーリンク

男水!のキャスト

男水。のキャストには、今現在舞台をメインにして活動している若手イケメン俳優さんが多くキャスティングされています。
松田凌や宮崎秋人、佐藤永典、廣瀬智紀、神永圭祐らがメインとなる高校での登場人物として登場します。ライバル校などの登場人物もとっても豪華。黒羽麻璃央をはじめとして、池岡亮介など、舞台やドラマなどで活躍する若手俳優さんがたくさんですね。
ビジュアルがいいのはもちろんですが、こういった舞台で活躍する若手俳優さんたちは多くの舞台経験があるので、演技にも定評がありますよ。

男水!のあらすじ

男水。はタイトルからも分かる通り、水泳に関してのドラマです。都立東ケ丘高校には水泳部があるのですが、弱小なうえ部員が集まらず、廃部寸前になっています。
部長の榊秀平、この榊秀平の友達である笹塚大樹、マネージャーの小金井晴海の三人しかいませんでした。そこへ、水泳初心者の滝結太と、結太のクラスメイトである原田ダニエルが入部して、なんとか水泳部は存続できるようになる、というのが最初の出来事です。
それぞれのキャラクターに、都内の強豪校にライバルがいて、それぞれとの出会いやストーリーなどが展開されてきます。
そして、大きな大会が終わった後に、水泳部には新たなコーチがやってきます。この川崎コーチは非常に厳しい先生で、部員たちは反発しながらも絆を強めていくというストーリーです。

原作のコミックスは現在6巻まで発売されていますが、ドラマ版や舞台版でどこまでストーリーが進むかは分かっていません。スポーツをメインとしたドラマなので、すっきりと見やすい仕上がりになるのではないでしょうか?期待できますね。

舞台化について

なんと、この男水は2017年に舞台化が決定しているのです。メインキャストはほぼ同じで、舞台で大人気の俳優さんたちで、この「男水。」をもう一度見ることが出来ます。
予定されているのは、2017年の5月です。
しかし残念ながら、これ以上の情報はまだ出ていません。会場や、チケットの情報などもまだ解禁されていないのです。
しかし、キャスト陣から見る限りではチケットはかなりの争奪戦になることが予想されますので、舞台を見に行きたい方は随時チケット情報などをチェックしておくとよいでしょう。

男水! まとめ

いかがでしたでしょうか。?
元々キャスト陣のファンはもちろんのことですが、これからファンになる方も多いのではないかと思われるほど豪華なキャスト陣です。
そして、シナリオは人気漫画が原作ですので間違いはありません。
放送されるのが楽しみですね。


 スポンサーリンク

Pocket