Pocket



 スポンサーリンク

今季大注目ドラマの一つである、「スーパーサラリーマン佐江内氏」についての情報をまとめてみました。
主演はなんと堤真一さん。演技派であり、そして実力派俳優としても人気ですよね。そしてそんな堤真一さん演じるサラリーマンである佐江内氏の奥さん役としては小泉今日子さんが抜擢されています。なんと小泉さん演じる奥さんは鬼嫁。小泉さんの優しいイメージとは少し違うので、期待大ですね。
この「スーパーサラリーマン佐江内氏」には原作があります。原作は藤子・F・不二夫さんの漫画「中年スーパーマン佐江内氏」です。藤子・F・不二夫さんといえばあのドラえもんの作者で、独特の世界観とストーリーが人気の、伝説的漫画家さんです。
この記事では、ドラマ「スーパーサラリーマン佐江内氏」の最終回はどうなるのか。?漫画の最終回やあらすじから予想。ネタバレになる可能性もあるので、ネタバレが嫌な人は注意してくださいね。



 スポンサーリンク

「スーパーサラリーマン左江内氏」あらすじは?最終回は?

堤真一さん演じる平凡なサラリーマンである佐江内氏は、小泉今日子さん演じる恐妻の円子の尻に敷かれていました。会社ではつらい中間管理職で板挟み。給料もなかなか上がらず、家では妻だけでなく娘や息子からもバカにされ、居場所がありません。
そんな佐江内氏は、ある日突然謎の老人に出会います。この老人から頼まれ、なんと佐江内氏はスーパーマンになり、悪を成敗していくことに。サラリーマンとスーパーマンの兼業の始まりです。
あれよあれよという間にスーパーマンになってしまった佐江内氏。自分の中で、どうしてスーパーマンになったのか折り合いがつかないまま兼業生活が始まる・・・。
というあらすじです。
ちなみに、現時点ではもちろんですが最終回のネタバレはありません。そこで予想をしてみました。
佐江内氏は、スーパーマンとして様々な人々とかかわるうちに、いろいろな思いをすることになるでしょう。そして、自分の考え方なども変わっていきます。そうしていい方向へと変わった佐江内氏を見て、家族の雰囲気もよくなるのではないでしょうか?
どちらかというと、コメディでありながらヒューマンドラマ的な要素もあるかもしれませんね。

「スーパーサラリーマン左江内氏」原作最終回ネタバレ。

では、最後にこのドラマの原作である「中年スーパーマン佐江内氏」の最終回をご紹介いたします。ネタバレになるので注意してくださいね。
佐江内氏は、スーパーマンとして人々を助ける中で理不尽な目に合い、心が折れてしまいます。そんな時に出会ったのが、別の先輩スーパーマン(原作ではパーマンです)。
この先輩スーパーマンは、「スーパーマンはたくさんいるから、適当にやったらいいよ」というアドバイスをして、佐江内氏と一緒に将来スーパーマンで配送業をやろう。という夢を語り合います。
適当というのはただ手を抜くのではありません。肩の力を抜いて、適切なパワーで物事に取り組むということなのです。良い言葉ですよね。

このように、スーパーサラリーマン佐江内氏は、苦しい世の中を生き抜きながら、少しずつ自分を変えていくような、コメディタッチながら人々の心を揺さぶるようなドラマになるのではないでしょうか。?

Pocket