Pocket



 スポンサーリンク

この2017年、1月の13日から、阿部サダヲさんが主演のドラマ、『下剋上受験』がスタートします。中卒ですが家族を心から愛する阿部サダヲと深田恭子さんの夫婦が、我が子を難関学校に合格させるために奮闘する。というファミリーものです。ドタバタあり、涙あり、笑いありの阿部サダヲさんらしいドラマになるのではないでしょうか?
父親、母親、そして娘の努力の日々が始まります。受験というのは非常につらいものですから、時には逃げたしたいほどつらい思いをすることもあるでしょう。その思いを、家族の愛で乗り越えていくというドラマになっています。
さて、ではこの『下剋上受験』の主題歌は一体何なのでしょうか?気になりますよね。
今回は、この『下剋上受験』の主題歌を紹介していきますよ。



 スポンサーリンク

「下剋上受験」主題歌と発売日は?

ドラマの主題歌といえば、やっぱり毎シーズンとっても注目されますよね。ドラマのタイアップ曲に選ばれるというのは、アーティストを売り出すうえで一番有効的な手段であると言われるほどです。近年では、『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌であった星野源さんの「恋」が大人気になりましたよね。
近年はテレビを見ない人も増えましたが、SNSなどで話題になるとCDが売れたり、iTunesなどでのダウンロード数が増えたりと注目が集まるようになっています。
では、主題歌を歌っているのは誰なのか?発売日はいつなのかを見ていきましょう。

「下剋上受験」主題歌と発売日は?

なんと、『下剋上受験』の主題歌を担当するのは斉藤和義さんです。個人的な意見ですが、斉藤和義さんと阿部サダヲさんの相性は結構いいのでは・・・?と感じています。どちらも雰囲気がありますよね。
主題歌のタイトルは「遺伝」です。親子の間に存在する愛情をテーマにした新曲です。まさにこの『下剋上受験』にはぴったりですよね。
プロデューサーさんはこの曲を聞いてとっても感動した。というコメントをしているので、期待大ですね。
ちなみに、この「遺伝」の発売は2017年2月22日です。家族へのエールソングになるのはもちろんですが、家族と一緒に受験を戦っている受験生の応援にもなるのではないでしょうか?

「下剋上受験」主題歌を担当する斉藤和義とは?

みなさん、斉藤和義さんは知っていますよね?今やとっても人気のアーティストさんです。斉藤和義さんというとなんとなく昔から売れっ子のアーティストさんだったんだろうな・・・というイメージがあるかもしれませんが、意外とそうではありません。
デビュー自体は1993年です。「僕の見たビートルズはテレビの中」という曲でデビューしました。しかしここから、2007年まで不遇の事態が続き、売れない時期が続いてしまいます。
2007年に、ゼクシィのCMソングとして起用されたことをきっかけに、斉藤和義さんは注目されていきます。皆さんの記憶に新しいのは年代によっても違うかもしれませんが、「歩いて帰ろう」や「ずっと好きだった」、「やさしくなりたい」など、これらの楽曲がなじみあるものではないでしょうか。
タイトルを見ても分からないという人でも、曲を聞けば「あぁ、聞いたことがある。」と思うような曲ばかりです。人気番組やドラマの主題歌や、PVの斬新さが話題になった曲がたくさんあります。新曲である「遺伝」を聞く前に、これらの曲を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

『下剋上受験』 主題歌情報まとめ

どうでしょうか、この記事を読んで更に『下剋上受験』の放送開始が楽しみになったのではないでしょうか?
斉藤和義さんは、以前家政婦のミタでも主題歌のヒットを飛ばしているだけに非常に期待が寄せられますね。家族の愛情をテーマにした、新曲です。きっとドラマの雰囲気も盛り上げてくれるのではないでしょうか。?
ドラマの放送開始と、CDの発売が楽しみですね。

Pocket